器の郷 ひろ埜【ひろの】伊万里焼・有田焼専門店 有田焼 伊万里焼 現川焼 器 作家 窯元訪問 手描き 大川内山

取扱商品

伊万里・有田焼を通じた焼物文化の普及を計っています。
器の郷 ひろ埜は、佐賀県伊万里市に事務所を構え、窯元より直送販売の焼き物を取り揃えているのが特徴です。お取引窯元も人間国宝の井上萬二氏(白磁)、日展評議員の前田泰昭氏(辰砂)、伝統工芸士の市川龍仙氏等々、我が国を代表する方々と直接お取引をさせていただいております。
伊万里焼・有田焼・現川焼等、我が国を代表する窯元と直接お取引をさせていただいており、一般食器から美術工芸品に至るまで、品数・品種共豊富に取り扱い致しております。

現在の有田町と伊万里市を合わせた地域を鍋島藩が統括していました。有田地域で焼き物を焼成していた中、より技術の高い職人を現在の伊万里市大川内山に召集し、原材料を逐一吟味しながら、より高度な技術を極めて秘密裡に最高級の焼き物を製作致しておりました。それらは『鍋島』と呼ばれ格調高い色紋様が施されており天皇家や徳川家への献上品として用いられました。
現在も高度な技術や技法を継承しつつ新しい技術も取り入れ(無鉛絵具を完成させ鉛を用いない、より安全な焼き物を製作しているのもその一つです)、現代の生活感にあった作品を種類も豊富に製作致しております。

江戸時代 有田で白磁鉱が発見されたことにより日本で最初に磁器が焼成されました。現在の有田地域で焼成された商品が伊万里港から輸出されたことにより『伊万里焼』と呼ばれた歴史がありますが、その時代に焼成されたものや文様を『古伊万里』と呼び、現在では『有田焼』と呼ばれています。

現在の長崎市で焼かれていた陶器。粘り気が強く鉄分の多い茶褐色の器肌が特徴です。九州の土物には珍しく薄造りなことも目を引き、多種多様の刷毛目と加飾が施されています。
江戸時代には『京の仁清、西の現川』とまで謳われることもありましたが一時は突然途絶えてしまった歴史があります。明治時代に、十二代横石臥牛氏によって再興され現在は長崎県佐世保市にて製作されております。

お取引のある作家さんを一部ご紹介いたします。(五十音順)

青木 清高(日展評議員)
文化勲章受章の青木龍山氏を父にもつ青木清高氏は「父の天目とは違ったことをしなければならない」と言う使命感から青磁を選択したとのこと。どっしりとした重厚感は正に万物の源と言われる海の豊かさに通じる神秘を感じます。父、龍山氏の亡くなる直前の「天目をやるべき」との言葉に、近年は天目の作品も制作しています。
「作家は一代限り」を心に、日用食器の染付にも取り組み、作陶意欲は益々充実しています。
市川 龍仙(伝統工芸士、佐賀マイスター)
名窯市川家六代目にあたり、献上鍋島に用いられた伝統文様を細密な線描きと薄濃(うすだみ)で施した上品な絵付が好評です。最近は新しい造形や紋様・色調にも数多く挑戦し「新生 市川龍仙」氏の姿が見えてきます。
「自分には厳しく、他人には優しく」をモットーにボランティアや海外交流にも積極的に取り組まれております。
田中 忍(日展会友)
田中忍氏は『釉裏紅』を現代に蘇らせた田中一晃氏を父に持つ気鋭の作家です。
絵具の主成分である銅は温度差に敏感で色が消えたり、又違った色になり思うような色調を発色させることが大変難しい不安定なものです。
「純粋な精神にのみ心に美しい物が作れる」という座右の銘にそのひたむきさが通った作品の数々はほのかに柔らかな紅色と耀変のグリーンが微妙に接するその様は、正に「夢の色」と言われ奥深さに自身の可能性をみいだしています。

業者様へのご対応も可能です!

設計業・建築業様への新築・リフォーム時の手洗い鉢・スイッチプレート類等の卸、承ります。
飲食店様への業務用食器をはじめ、贈答・返礼品にも対応致しております。
業者様もお気軽にお問い合わせください。

お取り引きいただいている業者様のご紹介

料亭 宇喜世 様(新潟県上越市)
大黒寿司 様(宮城県塩竈市)
そばの山田 様(山形県東根市)

すし会席 鮨正 様(宮城県仙台市)、山菜料理 玉貴 様(山形県西川町)、志津 つたや 様(山形県西川町)、有名デパート様 等

Copyright © 2014 器の郷 ひろ埜 All rights reserved.